スポーツで美しく健康的なライフスタイルを提案する、アスリートのためのwebマガジン

Beauty Conditioning Time

Chapter

3

「スキンケア」について調べてみました

【⑥スポーツをした後のスキンケアは?】

前回、防ぎきれなかった紫外線が「活性酸素」を生み出し肌にダメージを与えてしまうことをお話ししました。
みなさん、実際に思い切りアウトドアスポーツをした後は、いつもより肌が疲れている気がしませんか?
気が付いたらニキビができていたり、肌が乾燥したり、ハリが無かったり…
ただでさえ、汗をかいて毛穴が閉じたり開いたり、そこにタオルで汗をぬぐえば物理的な刺激を受けますし、時には海水や泥水という異物に触れたり…
思い起こしてみれば肌にダメージがあることばかり!そこに紫外線ダメージも加わるわけですから、それは肌が疲れるのも当然ですよね。
ですからそんな時は、少しスペシャルなケアをしてあげてください!

では、どんなスペシャルケアがおすすめかをご紹介しますね。

・あらかじめ保湿をしておく
日焼け止めをつける前に保湿をしてあげましょう!化粧水や油の少ないクリーム、ジェルなどであらかじめ保湿をし、なじんでから日焼け止めを塗ると、日焼け止めが落ちにくくなり、乾燥も防げます。

・量を増やす
クレンジングで日焼け止めやメークを落とした後、手順や内容は普段と同じスキンケアで良いので、使用する化粧品の量を増やしましょう!贅沢に、普段の2~3倍の量を使ってケアをします。
この時、一度に使うのではなく、何回かに分けて使ってじっくり肌に浸透させるのがコツ。洗顔後はなるべく早めにスキンケアしてくださいね。

・余裕があれば保湿効果のあるフェイスパックを!
手やコットンを使って化粧水を塗るだけでは、保湿が少し足りません。保湿効果のあるフェイスパックを使って、ダメージを受けた肌をいたわりましょう。この時、冷蔵庫で冷やしたフェイスパックや、冷やした濡れタオルなどで肌を冷やすと、毛穴が引き締まるのと同時に、メラニンもできにくくなるのでオススメ。私はいつも冷蔵庫にパックを常備しています!
美白効果のあるものは使ってすぐに効果が出るものではありません。なので、スポーツ後のケアでは、保湿を重視しましょう!

せっかく運動をして体をしっかり鍛えて、ケアもしているのに、肌は疲れただけでケアしてあげないなんて、よく考えたらおかしなことですよね。
皮膚は全身1枚でつながっているとても大きな器官。肌のポテンシャルを上げることで無駄なエネルギー消費を防ぐことができれば、成績UPや次の日に疲れを残さずバリバリ活動することにつながります!これからはお肌のことも忘れずに、大事にケアしてあげましょう!

Chapter

3

Chapter3は終了。Chapter4は近日公開します