Interview - 新澤英典

くちびるの保護はレース前にできる対策です

2017.11.21

新澤英典

ウルトラマラソンやウルトラトレイルは距離も長ければ、競技時間も長くなります。また一般に制限時間ギリギリのランナーは優勝者の2倍程度の時間身体を動かし続けるのです。

身体を動かし続けるに、補給が大事なことは言うまでもありませんが、様々なトラブルにより補給がうまくいかないこともあります。

胃が行動食を受け付けないレベルまでいかなくても、ストレスを感じることは多々あります。例えば胃腸は問題なくても日焼けや乾燥により唇や口角が荒れると口を開ける都度痛みが出たり、ドリンクやサプリメントが沁みてストレスになります。

必ずしもそのようなストレスがあるわけではありませんが、ウルトラマラソンなど長時間におよぶレースを走る場合は、考えられるストレスやトラブル要因は極少化する必要があります。

特に日焼け止めや、スレ防止クリームのようにレース前に塗れば済む対策をしないことで起こったトラブルは自業自得です。

その意味ではリップクリームも同様ですが、日焼け対策としてSPF指数の高い製品を使うと乾燥しやすく唇がパサパサになりますがこれ(エメレ)はしっとりしてます。このようなリップクリームはあまりないのではないでしょうか?

長い長いレースになった信越五岳トレイルランニングレース102kmは、高い標高の場所で開催されたことから時折強い日差しを受けましたが、ゴール後も唇はしっとりしていました。

あと個人的に気に入っているのは、香りがないことです。またテカテカするのは少し恥ずかしいので、見た目が変わらないのも使いやすいです。

冷たい風が吹き付ける時期になっても強い味方になりそうです。もちろんレース中だけでなく、普段から使うことで唇の荒れを防ぐことが大事なので、今年は日々使っていきます。


新澤英典

Profile - 新澤英典

ウルトラプロジェクト代表