Interview - 太田麻衣子

コーチングの仕事は体力勝負。

2018.8.7

太田 麻衣子

ファイターに出会ってから、コーチング・トレーニング・レース・リカバリーの質が高くなりました。
コーチングの仕事は体力勝負。
使う前は、特に夏はコーチングだけで疲れてしまって自分のトレーニングまで身体が持ちませんでした。
1年前からファイターを使い始めて日焼けダメージを抑えられるようになったことで、全てのパフォーマンスが上がっていることを実感しています。
ファイターはコンディショニングに欠かせないアイテムの1つになりました。
また暑い中トレーニングしても、レースに出ても暑いと感じることが少なくなりました。
日焼けをしないので体温の上昇も抑えられているのでしょう。体質的に焼けやすいのですが、日焼け疲労はゼロと言い切れます!
トライアスロンは日差しギラギラの中でやるスポーツなのでその分ダメージも大きい。
暑さにどう打ち勝つか。トレーニングと同じくらい暑さ対策が課題です。
ファイターは暑さを感じにくくなるので、私にとって暑さを味方にできる最高のアイテムです!


太田 麻衣子

Profile - 太田麻衣子

自身がコーチングするグループLapulem代表。大学からトライアスロンを始め2007年には日本トライアスロンスプリント選手権優勝、世界選手権U-23日本代表となる。2011年にコーチの道へ。現在もトレーニングをしてレースに出場し、体感したことをコーチングにフィードバックしている。生涯健康でスポーツを楽しめるように、個々に合ったトレーニングプログラムを提供している。