Interview - 福田 真平

皆さんは日焼け対策を始めたのはいつ頃でしょうか

2016.8.26

ART_FUKUDA

私が日焼けに対して本格的に対策を始めたのは、愛三工業レーシングチームに入り、アジアツアーなどの日差しが強い国のレースを走るようになってからです。
それまでは真っ黒に焦げようが、サングラスの日焼けで目がパンダみたいになろうが全然気にしていませんでした。
それがあるレース後、シャワーを浴びる為にウェアを脱いだらチームメイトに、「背中にAISANって書いてあるよ!」
と言われ何の事かわからず鏡を見たら、AISANの文字がくっきりと背中にプリントされていました。
なんじゃこりゃ!!
よく見ると太股の部分も日焼けでAISANの文字がくっきりと!
裸なのにまるでウェアを着ているような状態になってしまった私はその時に肌が出ている部分が一体どれだけのダメージを受けてしまっているのかを考えました。
案の定、身体はヒリヒリして火照り、次の日も日焼けのダメージで疲れがとれていない状態でした。
日焼けする事による身体へのダメージがとても大きい事に気がついたのです。それからは色々な日焼け止めを買って試しましたが、
個人的に好みだった物は付け心地は良くても汗で落ちやすいという弱点もありました。
そんな時に出逢ったのが「アグレッシブデザイン」の日焼け止めです。つけ心地も良く、汗をたくさんかいても落ちないのでアジアツアーなど過酷なレース環境下においてもしっかり日焼け対策することができます。また、
レース後は日焼け止めをしっかり落とす事も大切。専用の「クレンジング」はこれを簡単に落とす事ができ、ストレスが無いところも気に入っています。
日々身体を酷使しているアスリートにとって身体へのダメージを最小限に抑える事はとても大切です。もともと色黒であまり日焼けに対して意識をしていなかった私のようなタイプの方々も、これからは身体の為に「アグレッシブデザイン」で日焼け対策をしてみてください。

※個人の感想です


ART_FUKUDA

Profile - 福田 真平 ( 愛三工業レーシングチーム )

愛三工業レーシングチーム所属(~2016年)
2008 西日本実業団ロードレース優勝、2011 Tour de Kumano (UCI 2.2) 第1ステージ優勝、2011 実業団加東ロード優勝、2013 Tour de Ijen (UCI2.2) 第3ステージ優勝など、国内、アジアツアーを中心に活躍